いかに楽して楽しんで多くを知る。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a1

中学3年生数学 現国


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

とにかく授業を受けるのが退屈で仕方がなかった。そのせいか学校も休みがちになり、学校に行くときは友人との時間を楽しみに行くという目的のためだけ。テストを受けても点数が悪くなっていく悪循環。心を入れ替え授業を真剣に聞こうと思っても、何を言ってるのかも理解できないことばかりで何が理解できていないのかさえも自覚できない状況。プライドが高かったのか友人や先生にもわからないということを打ち明けることもできずただただわからないまますごいていました。

勉強ができるようになったきっかけ

まず、高校受験。中学生の時点で未来は描けていなかったのでとにかく自分のレベルで行ける範囲のところを探しました。そのタイミングで漠然とした将来への不安を払拭するため高校にはどこかに絶対に入らないと!と一念発起。何がわからないのかを自覚するためまず中学一年からの教科書や問題集を解き始めました。自分の苦手なこと、理解できていないところを洗い出しなりふり構わず友人や教師に教えてもらいながら進めていくとどんどん理解ができるようになりました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

わからないことがなにかがわからなかった時からどんどん理解が進むと、現状の授業にもついていけるようになり、話が分かるようになると授業も毎回真面目に聞くようになり、毎回授業をきちんと理解して受けているとほかの勉強が苦手な友人に教えてあげられるようになりました。友人に教え始めると自分の中でも反復して考えるようになるので頭の中に定着し、昔の一夜漬けで覚えていたころとは段違いに記憶に残るようになりました。こうした経験は社会人になってからの生活にも役立っております。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

とにかく自分が楽しまなければ続けることはできなので、何らかの形で楽しむ努力をする。自分の性格と向き合って自分に合った理解の仕方や勉強法を考える。私の場合はめんどくさがりの性格なので、いかに楽して勉強できるようにするかを考えました。そして自分一人で頑張るのは大変なので仲間を見つける。それはリアルでもネット上でもどこにいてもいいので一人ではない。孤独ではないということを感じる。人によってやり方は十人十色。いろんなやり方を試し、真似をして向いているものだけを取り入れてください。