ただ楽しく遊びながら勉強をする

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a3

中学校2年生、英語


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

小学校3年生の頃から英会話教室に通っていて姉と一緒に勉強をしていました。その当時はなかなか先生が言っていることが理解出来ずにただただ授業の流れをそのまま鵜呑みにして参加しているだけでした。実際に自分の身についているという実感はなく他にも沢山生徒がいたので自分が特に出来なくても他の子に教えて貰えたらそれでいいかと考えていました。週に1回の授業で毎週の始まりの簡単な質問ですら長く時間をかけて答えているような状態でした。

勉強ができるようになったきっかけ

小学6年生ぐらいのときだったと思います。洋楽を聴くのが趣味の母の車の中でレゲエがかかっていて何となく後部座席でその歌を口ずさんでいました。そうすると母がなんで歌えるの?英語上手になったねと言ってきました。歌詞の内容も全くわからず何となく音をリピートしているだけだったのでなんでこれが歌えてるになるのかと思ったのですが、その時に自分が英語が話せると勝手に思い込んで英語をもっと話せるようになりたいと思うようになりました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

中学校2年生の時に自分は英語系の大学へ行って英語に関わるような仕事をしたいと思うようになりそれ以来英語を本気で勉強してきました。実際に外国語大学へ行くことになり英語以外の言語にも興味をもち国際的にも友人が増え世の中の状況に目を向けることが多くなりました。現在は英会話教室を自宅でしており自分が1番したかった英語に関わった仕事が出来ているので凄く楽しいです。小学生の教師も目指したことはありますが自由度が効く塾講師も良いなと思っていたので1番理想の形で仕事が出来ています。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

自分が楽しいと思うように勉強をすれば必ず出来るようになります。自分が勉強をできるようになったのは机の上では学べないことを生活の中で興味を持って知ろうとしたところです。勉強は机の上でなくても出来ると思います。たくさんのことに興味を持って楽しいと思える形で勉強することを強くおすすめします。たとえ周りから遊んできるように見えても学んでいないことはないと自信を持って楽しんでください。