人に教えてもらう前に自分で考えて悩む事が私の勉強法です。それでも、分からない場合は教えてもらえばいいと思います。それば一番身に着くからです。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a3

勉強ができるようになったのは、中学1年生頃からです。得意になったのは数学です。


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

勉強ができるようになる前は、努力をしなくて勉強ができるようになりたいと悩んでいました。だから、勉強ができる訳がありませんでした。何か頭の良くなる食べ物でもないか?朝起きたら突然勉強ができるようになっていないか?など夢物語ばかりを考えていて、悩んでいるといったレベルではありませんでした。結局、その当時の私は勉強に対し真剣に悩むような事は1度も無く趣味や恋愛の事ばかり考えていて、勉強についてはどうでもよかったと思います。

勉強ができるようになったきっかけ

勉強ができるようになったきっかけは、中学生になってからは学校の方針で定期試験を行うたびに成績優秀者として、上位20%の名前と順位が掲示板に張り出されるといった制度がありました。競争心の強い私は、学校の方針にまんまと引っ掛かり試験前になると寝る時間を惜しんで勉強に取り組んだ記憶があります。そんな事を度々繰り返してうちに、私の気持ちは上位20%までに入りたいから上位10%に入りたいと徐々に目標をあげていった記憶があります。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

勉強ができるようになって、一番大きく変わったところは、両親・友達・先生といった周りの目が変わりました。試験を行う度に毎回成績優秀者として、掲示板に張り出される事によって周りから一目置かれる存在に変わっていってと感じました。あともう1つ大きく変わったところは、私自身に自信がつきました。勉強をして努力をすれば結果につながる事に気が付き自信へと変わりました。そんな事もあって、その自信が私の成績を上げていった1つの要因と考えています。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

今、勉強で悩んでいる方にアドバイスをするとすれば、先ずは勉強に取り組む姿勢(強い気持ち)が一番重要だと伝えたいです。結局は、この気持ちが無ければ塾や家庭教師といったいくら優秀な先生に教えてもらったとしても、勉強ができるようにはならないと考えています。分からない事を分かるようになりたいと思う気持ちや1つでも多くのを知りたいといった気持ちが最終的には勉強ができるようになるための一番の近道だと考えています。