勉強は朝に行い、覚える単語をくり返し言葉に出して言う。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a1

高校1年生・数学


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

学校の授業で先生に一回言われた事をすぐに理解できず、その問いについて考えてる間に次の内容に進んでしまいます。その問いが気になってしょうがないので次の内容に集中する事ができず、さらに理解できなくなるという悪循環になっていたと思います。みんながすぐに理解できる事を自分はなぜすぐに理解する事ができないんだろう?と悩んでいる事がありました。「自分だけが理解できていない」と強く思い込んでいた事も原因の1つではないかと思います。

勉強ができるようになったきっかけ

勉強が得意なタイプではなかったので、良い意味で諦めた事がきっかけです。睡眠不足で夜に勉強していたのですが、ねむい時は寝るようにして朝早く起きて勉強をするようにしました。そうすると、勉強の効率もよくなりテストの点数も上がりました。又、暗記方法としては、書けば覚えられると思い込んでいてひたすら書いて覚える方法を行っていましたが書く事で疲れてしまい覚える事が難しかったです。それを、言葉に出して何度も言う手法に変えてから楽に暗記できるようになりました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

勉強ができるようになると、気持ちが楽になってくるので勉強以外の事も充実するようになってきます。友達と遊ぶ時間も増えましたし、親にも「勉強しなさい」と言われる事が減りました。1つの事に余裕がでてくると、その他の事にも目が向けられるようになってくるようで性格も勉強ができなかった時よりも優しくなった気がします。やはり、視野を広げて勉強だけでなく様々な事にも目を向けられるようにしてバランスをとっていく事が大切だと思います。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

勉強ができないと思い込み過ぎずに、自分に合った勉強法を探していく事が大切だと思います。人の勉強方法を取り入れてみるのは良い事だと思いますが、その方法が自分に合っているとはかぎりません。なるべくリラックスをしてマイペースで勉強を楽しむ事が出来ると良いと思います。ちょっとしたコツ次第で急にテストの点数が良くなったりもします。