勉強法は工夫や努力次第で変わります。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a3

勉強ができるようになったのは、中学2年生の時です。得意な科目は社会でした。


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

勉強ができるようになる前は、暗記科目がとても苦手で集中力が全然続きませんでした。また、勉強自体得意な方ではなかったので、暗記科目などひたすら同じことを繰り返すのがとても苦痛でした。また、社会は歴史や地理など覚えることもたくさんあり、どこからどのように勉強し暗記したら良いのか分からずとても悩んでいました。また、どこまで覚えたらよいのかも分からなかったです。さらに、歴史は年号と出来事をなかなか暗記できず悩んでいました。

勉強ができるようになったきっかけ

私が勉強をできるようになったきっかけは、勉強の得意な人にどうのようにして勉強しているのかをひたすらに聞いてそれを私なりに再現していたことです。それぞれ得意科目がある人に聞きました。また、勉強が苦手で集中力がなかなか持たなかったので少しずつ勉強時間を増やしていくように工夫しました。また、歴史の年号と出来事を覚える際語呂合わせなど工夫し勉強しました。そして、数学などで答えの解説を読んでも分からない時には数学の得意な人に分かるまで聞き、自分でできるまで解いたことです。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

勉強ができるようになって自分のモチベーションが上がりました。勉強ができるようになる前は、「私はどうせできない」と思い込んでおり、自己肯定感も低く勉強のやる気も起きない状態でした。しかし、少しずつ勉強ができるようになり、成績も上がったことで、モチベーションも上がり少し難しい問題でも自分からやってみようと思えるようになり、少しずつ自己肯定感も上がるようになっていきました。また、勉強のやる気も出てき勉強が楽しくなりました。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

今、勉強ができなくても必ずできるようになる日が来ると思います。自分で考えても分からない問題は勉強の得意な人に質問してみたり、学校の先生に聞いてみたり、塾に通ってみたりするなどさまざまな方法があります。そして、どれか一つでも自分に合う勉強法が見つかると思いますので諦めずにその方法を探してみたり、少し工夫するだけでも変わってくると思いますので諦めずに頑張ってください。応援してます。