問題に対して自信をつけ続けることです。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a2

中学3年生 数学


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

単純な問題は公式や解き方を覚えることで比較的解けていましたが、少し複雑になって、2つ以上の公式を組み合わせたり、直接的に解答に導くことができない問題が出ると手が完全に止まってしまってそれ以上できないことがほとんどでした。特に図形系の問題は図形を他の形として捉えたり、補助線を引いたりと問題に手を加えないとできないような問題が多く、柔軟な思考ができずに困っていました。また、公式等で覚えている問題を解法を書かなければ、正答にならないようなこともあり、数学的思考の根本が理解できていないといけないことが多く息詰まっていました。

勉強ができるようになったきっかけ

中学3年になって、高校受験を控えるようになり、学習塾で高校受験の準備を始めだしてから数学に対しての印象が変わりだしました。それまでは、公式や解法を理解してそれを別の数値にで出された問題に適応していくことが正解だと思っていました。しかし、学習塾の講師が公式や解法を使う前に式や図形の説明をしてくれたことが数学をわかるようになったきっかけです。この式にはこの公式を当てはめるというよりはこの式はここがこうなっていてこれをこうしたいからここを計算するという方法でした。確かに最初はかなり時間がかかりましたが、そこで根本を理解することができ、応用することができたと思っています。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

ひとことで言うと、問題を解くことが楽しくなりました。特に高校受験の勉強中はほぼほぼ毎日、問題集や塾の資料を解いたり、見たりしていました。変わる前は問題を見ることが嫌で、なかなか手がつけられなかったのですが、変わって問題集を解くことがワクワクするようになり、さらに問題が解けることで解けた嬉しさが感じられるようになりました。そこからはいろいろな問題にチャレンジすることが楽しくなり、いろいろな高校の問題集を解いて自信がついていきました。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

勉強はできる人もできない人もいろいろなレベルで悩んでいると思います。できない人の悩みでも全くわからなくてできない人と、わかるけどできない人でも違うと思います。全くわからない人は自分にあった参考書や指導者を探すことがひとつ近道かもしれないです。自分で試行錯誤してもなかなか抜け出せないことが多いと思います。わかるけどできない人は、わかっていることできる問題をどんどん増やしていき自信をつけていくことです。それでもできない問題はわかる人に聞くことが大事だと思います。でも、聞くときにどこまでができて、どこで躓いているのか明確にしておけばかなり深く理解ができると思います。