基礎の徹底

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a3

中学2~3年生頃、数学が得意になった。


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

小学生まではテストも成績も平均くらいで勉強も得意ではなかったが、特に困ることも悩むこともなかった。中学生になり教科も増え、勉強のレベルも上がり、授業のスピードも速くなり少しずつ不安になった。そのうちにどんどん周りと差がつくようになって焦りを感じていた。学校の授業を聞いていても理解ができないまま授業はどんどん先に進んでしまって悩んでいた。また、テストも平均かそれ以下で高校受験に向けてこのままでいいのかと悩む毎日だった。

勉強ができるようになったきっかけ

高校受験に向けてこのままではいけないと思い塾に通うようになった。当時大多数の人が集団塾に通っていたが、学校と同じで授業についていける自信がなかったので個別指導塾を選んだ。塾では個人のレベルに合わせて基本的には学校の授業に合わせた指導をしてくれたため、まずは今まで分からなかったところの復習から始まった。その後は学校で習っているところを塾でも並行して教えてもらい、最終的には授業を少し先取りした内容を教えてもらって、そこから勉強ができるようになった。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

塾で学校の授業を先取りした授業をしてくれるようになってからは、授業の内容を理解した上で学校の授業を受けられるので、授業自体を楽しく受けられるようになった。それまでは当てられないかずっと緊張して不安ばかりだったが、塾に通い始めてからは余裕をもって授業を受けられるようになった。特別頭がいいわけではないが、学校の授業が理解できることで「自分はできる」という自信がついたのと、勉強が楽しいと思えるようになったので塾に行くことも楽しみの一つになった。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

難しい問題が解けるようになることやテストの成績が上がることはもちろん大切だが、まずは自分に自信が持てるようになることと勉強が楽しいと思えることが、成績アップの一歩だと思う。基本的には学校の授業ができるようになればその先はどんどん勉強が楽しくなるので、最初は分からなくなったところまで遡って徹底的に復習をする、それが終わったら今度は今授業でやっていることを理解できるようになる、最終的には授業の先取りができるようになれば勉強はどんどん楽しくなると思う。