大きな目標に向けての小さな目標をツリー構造のように作って攻略していく。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a1

中学3年生、数学


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

勉強へのモチベややる気が湧かないことです。例えば、家に帰ってから今日の授業で理解しきれなかったところの復習をしないといけないなと思いながらスマホをだらだら使ってしまい気づいたら12時だったこと、テスト期間に入ってから部活動が制限されて帰ってからの余裕をゲームに使ってしまい勉強しなきゃなと思いながらゲーム中になかなか行動に起こせず時間だけが過ぎていくようなことがありました。やらないといけないと思いつつもゲームやスマホでやる気が湧きませんでした。

勉強ができるようになったきっかけ

将来の目標が明確になったことで、勉強ができるようになりました。職場体験を通じて将来の職業やキャリアを見据えることができ、それに向けて今自分が何をすればいいのかを考えることが出来ました。これは他人から言われてするタスクと自分から自主的にするタスクのモチベややる気の湧き度合いが断然に異なるように勉強においてもそれをとても実感しました。具体的にはこの就職先に行きたいからこの大学に行かなければいけない、この大学に行くためにはTOEICで好成績をとらなければいけない、TOEICで好成績をとるにはこの単語帳を完璧にしなければいけないという感じでした。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

勉強に対するモチベーションややる気が特段に上がったことです。目標を細分化することで自分が勉強することの意味を今までは将来のためといったとても遠い目的から目標の職業につくための大学に行くための資格をとるための本を読み切るために1日20ページ読んで理解するというようにとても身近に感じれます。また、この考え方をするようになったことで上手な予定の立て方が分かるようになりました。始めは無理難題な予定を立てがちですが、徐々に自分の力にあった経過を立てることが出来、テスト期間の計画に大いに役立ちます。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

職業についてもっと興味を持つと今勉強するのことの意味や自分が何について頑張らないといけないか明確になります。さらになりたい職業を細かく決めることで自分の勉強する意味がより明確になります。これは勉強へのモチベーションややる気に絶対繋がります。とりあえず先生から課された勉強をしているという感覚なら今すぐにでも職業について色々と調べる方が良いと思います。