趣味など楽しいことと集中力や我慢が必要な勉強とのメリハリをつけること

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

a1

中学2年生。英語。


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

小学時代は習い事もしていなくて、友達は塾や英会話に行き授業内容の先取りをしていたのに、我が子は何も分かりませんでした。

勉強ができるようになったきっかけ

読書は小学生時代からおすすめしていて、中学生になったら自分で読みたい本はどれだけでも購入して良いというルールにしました。更に公共機関の募集で英語体験のキャンプがあり、特に得意でもなかったのですが、友達作りは得意だったので楽しめると思い参加させました。そこで英語が得意な友達を見たりコミュニケーションとして英語ができると楽しいと感じて、それからは積極的に単語を覚えたり授業もしっかりと受けるようになり英語力がついていきました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

まず英語が得意になってテストでも良い点が取れ、クラスでの順位も上がってくると、総合でもっと上の順位に行きたいという気持ちになったようで、他の科目にも力を入れるようになりました。英単語を覚えると読解力も上がるように、歴史や漢字、古文単語もどんどん覚えていき、各教科の理解力やテストの点が上がるようになりました。勉強面で上位に来ると、他の活動にもさらに積極的に参加するようになり、クラスでもいろんな役を任されるようになりました。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

苦手なことはなるべく作らないように少し我慢してやるようにして、好きな教科やはかどる勉強をたくさんして自分に自信をつけるようにすると良いと思います。得意で点数が稼げる教科が出来ると、苦手の事も少しづつ近づけていこうという気持ちになると思うので、嫌なことばかり克服しようとせずに、取り組み安いものを頑張ってみると良いと思います。